トラブル発生!そんな時は弁護士に相談だ{君は勝つことができるか}

競売にかけられる前に

住宅ローンを組む時に担保となる住宅は、ローンが滞ると手放さなければいけない可能性があります。月々の住宅ローンが滞り始めると、金融機関から催促の連絡がきますが、その内容にうまく対応していかなければ、住宅は去勢的に競売にかけられてしまいます。競売にかけられると、自分の要望を取り入れた売却をすることができなくなってしまうので、ローンが支払えないと分かった時に、なるべく早く任意売却を進めていくことが大切です。最近では任意売却の専門家も多く、インターネットから専門家を調べることもできるので、非常に相談しやすくなっています。専門家に相談することによって、自分の経済状況に合った売却方法を見つけることができます。

ローンが滞り始めた時には、金融機関から連絡や通知が来ますが、その通知の段階に応じて相談に対する専門家の対応も変わってきます。なるべく早い段階の通知で任意売却の相談をすることが大切で、早ければ早い程、より良い解決方法が見つかります。基本的には、住宅ローンの支払いが困難と気づいた時、催告書が届いた時、催告書が届いた時がタイミングと言われていますが、催告書が届いてしまうと競売は目の前になっているので、この通知が任意売却をする最期のチャンスと考えた方が良いでしょう。任意売却の相談を受付けている専門の会社は、売却サポートはもちろんのこと、債権者交渉のサポートや引越しから買い戻しの相談も受け付けているので、任意売却後の人でも気軽に相談してみると良いでしょう。