トラブル発生!そんな時は弁護士に相談だ{君は勝つことができるか}

様々な相続

グローバルな社会になっている昨今では、海外から日本の不動産などの財産的価値のあるものを求めて多くの外国人がやってきます。 日本国内の土地は日本国籍を有していない外国人であっても、きちんとした手続きを行えば購入できるようになっているのです。 しかし、そのための手続きが非常に複雑であるため法律家が本人に代わって不動産会社と交渉をすることが一般的です。 実は、これは不動産の購入だけではなく相続にも同じことが言えるのです。 このような手段で手に入れた不動産は、日本の相続規定の枠内として相続権が付与されることになります。 そのため、外国籍を持っている人であっても日本国内で相続を行わなくてはいけない事態も生じ得るのです。

外国人の相続は、必ず本人ではなく専門の弁護士などに依頼しなくてはいけません。 それは、相続の規定がものすごくややこしいからです。 相続そのものに関しては何の問題も無くできるので心配ありませんが、それに伴う手続きには多くの手続きが必要になることがあります。 外国人が日本国内で亡くなった場合には、その事実を本国に伝える必要があるのです。 この場合、その事実を伝えられた国で適切な手続きを行うことができる相続規定があればそれに従うことになります。 しかし、ない場合には日本にその権利が委譲されて日本国内の規定で相続を始めなくてはいけません。 そのため、かなり複雑なのです。 面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、実際にそのような事態になったときには専門家に任せることが大切です。