トラブル発生!そんな時は弁護士に相談だ{君は勝つことができるか}

離婚するときの慰謝料

離婚を切り出す前に、慰謝料が本当にもらえるのかどうか考えたことがありますか。 離婚する際の慰謝料とは、相手方の有責行為によって離婚を余儀なくされた場合、それによって受けた精神的苦痛に対する損害賠償のことです。有責行為とは不倫、暴力などのことを指します。不倫の場合は不倫相手に対しても慰謝料請求することができます。ただし相手にも配偶者がいる場合には逆に慰謝料請求される可能性があります。 性格の不一致や、お互いに有責行為があると認められる場合には慰謝料はもらえません。又、不倫であれば必ず慰謝料が発生するというものでもありません。例えばすでに婚姻関係が破たんしていた後に不倫行為に及んだ場合は請求できません。 そして慰謝料請求には時効があります。離婚成立後から3年を経過すると請求できなくなります。

ひとくちに慰謝料と言っても金額はさまざまです。相場は100万円から300万円ぐらいのようですが、婚姻期間や相手の年収によって変動します。慰謝料と財産分与は別のものですが、合算して金額を決めることも多いようです。相手から金額を提示された場合には慰謝料が含まれているのか確認することが大切です。 夫婦で話し合いをしてお互いに納得したら離婚協議書を作成しましょう。その場の口約束だけでは反故にされてしまう可能性もあります。そして約束をさらに強固にするために公正証書にすることをお勧めします。強制執行認諾文付きにしておくと、支払が行われなかった場合に強制執行できます。 こういった文書は自分で作成して公証役場で手続きをすることもできますが、やはり弁護士に任せた方がいいでしょう。金銭面で損することのないようアドバイスを受けてください。