トラブル発生!そんな時は弁護士に相談だ{君は勝つことができるか}

離婚をするときは

離婚をする場合は、弁護士をつけた方がいいでしょうか。まず協議離婚の場合は、特に必要はありません。協議離婚は本来、夫婦が話し合って合意するものですから、特に弁護士を必要としないのです。ただ、話し合いがしにくいとか、既に別居していて連絡が取りにくいような場合は、間に入ってもらうといいでしょう。 話し合いで決まらなかった場合は、調停離婚となります。これは家庭裁判所に申し立てをして調停を行い、双方が合意した場合に、離婚が認められるものです。この場合も、基本的に調停委員会が執り行ってくれますので、どうしても必要というわけではありませんが、依頼することで、アドバイスをもらえたり、また、書類を作成してもらえたりというメリットもあります。調停でも合意できなかった場合は訴訟となりますので、弁護士が不可欠です。

弁護士に依頼する場合には、まず離婚専門の事務所に依頼するのがいいでしょう。専門分野ですから手続きも速いですし、それぞれにふさわしいアドバイスをしてくれます。また、事務所によっては様々なプランが用意されていて、その人の予算に合った手続き方法を選ぶこともできます。費用は事務所によって異なりますが、調停で20万円から50万円、訴訟だと最低で30万円か40万円はかかると考えてください。それ以外に相談料が、30分で5400円かかりますが、最近は受け取らない弁護士も増えています。 また、事務所に行く前は必ず予約を入れて、当日は遅れないようにしましょう。そして、自分と配偶者の氏名や生年月日、住所や財産の金額、未成年の子供がいる場合は、その生年月日をメモしたうえで持参すると役に立ちます。